長崎西海トライアスロン・ランコース(10km)

GWに毎年、チームで西海の大島で合宿をしています。

今回は、その合宿でも使っている長崎西海トライアスロンのランコースを紹介します。

まずは、トラフィックデータです。

次に、アップダウンのデータです。わかりにくいですが、長崎西海のランコースはフラットな箇所はほとんどありません。

コース紹介

まず、トランジションエリアから紹介します。

トランジションエリアは大島体育館の駐車場です。

ここがバイクとランのトランジションエリアです。

ランコースはそこから、海に沿って走り、いったん団地を通ります。

スタート直後は、スイムコース横を走ります。

その後団地を通り抜けます。

団地を抜けると、大島入口まで寺島大橋と大島大島を渡るランコースの始まりです。

橋なので入口と出口はアップダウンがあります。

ファミリーマートを右に曲がると、すぐに寺島大橋の入口です。

まずは、寺島大橋入口のこの上り坂で心拍上がります。

寺島大橋です。大きい橋ではないので、フラットではなく微妙にアップダウンがあります。

寺島大橋を過ぎると大島大橋です。ここは長いです。直線距離で1kmぐらいあります。

大島大橋を抜けると、大島入口にある折り返しポイントまで、道を下っていきます。

大島大橋を抜けると、道を下りながら折り返しポイントまで道なりです。

折り返しポイント間近の呼子トンネルです。トンネルを越えた時点で約4km。

折り返しポイントです。レースでは大きなコーンが設置されています。

折り返すと、最初に右折したファミリーマートまで来た道を戻ります。

ファミリーマートに来たら直進して、しばらくすると右手に上り坂があるので、そこを上っていきましょう。

大島のランコースは、ここからきついです。体力を残しておきましょう。

ファミリーマートを過ぎると、右手に上り坂が見えるので、そこを上っていきます。ここからきつくなってきます。

まずは、この坂を上がります。ここは7.5km付近です。

坂を上ってしばらくすると、右手にスーパーが見えてきます。

スーパーの先に看板があり、ランコースは「ペンション村、百合岳公園」方面なので右折です。

すぐに分岐があるので、本線ではなく矢印の小さな道を入っていきます。

さて、ここからランコースの最難関です。

ここまで来て最後のアップダウンが待ち受けています。

脇道に入ると、下り坂があります。行きはいいですが、この道を戻ってくることになります。汗

この写真を撮った時間に、ちょうど大島造船所の社員が帰ってきていたのですが、誰一人自転車に乗って上ってくる人はいなかったです。笑

みんな自転車押してました。

また団地に入って、しばらく走ります。この先に折り返しポイントがあります。

先ほど下った、ラストの上り坂です。レースでは結構歩いている人がいると思います。ここホントに辛い激坂です。

上りきって、またスーパーの通りに戻ってきます。その辺りが9kmで、ラスト1kmです。

この分岐を左に曲がったら、もう少しで終わりです。

ラストは大島町民文化ホールへ向かいます。ゴールはすぐそこです。

以上が、長崎西海トライアスロン・ランコース(10km)です。

ランコースは、タフなのでペース配分を考えてレースに臨むといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/