[旅費公開]IRONMAN台湾2018

トライアスロンは、レースに出るまでに道具を揃えるのにお金がかかります。

そして、レースに出るのもお金がかかります。

トレーニングだけでなく、レースの活動費をキープするだけでも大変なんです。

 

よって、「レース」と「お金」はトライアスリートにとって、切実な問題。

 

素人ながら、私も様々な大会に参加しているので、ここでは各レースの参加旅費を公開していきます。

参考にしてください。

IRONMAN台湾2018

以下が、IRONMAN台湾2018の参加コストです。

思ったよりコストがかかりました。

できるだけコストを抑えたつもりですが、計187,012円(概算)です。

参加スケジュールは、

10/5(金)出発 馬公泊

10/6(土)馬公泊

10/7(日)馬公泊

10/8(月)台北泊

10/9(火)帰宅

でした。(馬公3泊、台北1泊)

馬公のホテルはここ(↓)でした。

ホテルエバースプリング(Hotel Ever Spring)

運よく一番広い部屋にしてくれました。一人だったんですが。。。汗

 

台北のホテルはここ(↓)でした。

カラーミックスホテル&ホステル(ColorMix Hotel & Hostel)

個室は狭いですが、私は台北滞在時は寝るだけなので気になりません。

西門駅、台北駅が近く、部屋&公共スペースがきれいで安い。空いてたら迷わず予約するほどコスパ抜群です。

 

また、何もしていないときの馬公滞在がかなり暇だったので、10/8に早々に台北に移動した方が充実した滞在になったなと感じます。

またはアワードパーティーに興味ないよって人は、10/8(月)に帰国してもいいでしょう。(自分はそっち派です。)

 

変動費で抑えられたのは、バイクの輸送費です。

これは圧倒的に自分のミスなのですが、フライトをかなり前に予約していながらバイクのスペースブッキングをしていませんでした。

というかそういうオプションがあることさえ知りませんでした。汗

それによって追加で約30,000円の出費です。

痛すぎます。

詳しいことは、下記に書いているので参考にしてください。いい勉強になりました。

 

航空券やホテルは、早めに予約しているのでコストは抑えられていると思います。

やはりアイアンマンはコスト高なので、参加する回数が限られてしまいますね。

以上が、「[旅費公開]IRONMAN台湾2018」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/