[旅費公開]バンコクマラソン2018

トライアスロンは、レースに出るまでに道具を揃えるのにお金がかかります。

そして、レースに出るのもお金がかかります。

トレーニングだけでなく、レースの活動費をキープするだけでも大変なんです。

 

よって、「レース」と「お金」はトライアスリートにとって、切実な問題。

 

素人ながら、私も様々な大会に参加しているので、ここでは各レースの参加旅費を公開していきます。

参考にしてください。

※今回は、トライアスロンではなくフルマラソンの参加旅費です。

バンコクマラソン2018

以下が、バンコクマラソン2018の参加旅費です。

参加日程は、

11/16(金):仕事終わりに佐世保から福岡空港へ移動。福岡―羽田―バンコクのフライト。

11/17(土):早朝にバンコク到着。終日、自由行動。

11/18(日):未明よりバンコクマラソン参加。終了後、バンコク―羽田―福岡のフライト。その後、佐世保へ。

でした。

 

海外遠征にしては、非常に安く済みました。

主には、航空券をマイル特典で予約できたことが大きいです。

 

なお、宿は↓に滞在しました。

ラップ ディー バンコク – サイアム スクエア Lub d Bangkok – Siam Square

場所は、Soi Kasemsan(ソイ カセムサン)です。

ここは、BTSのNational stadium駅に近い場所です。

Siamやスクンビットにも容易にアクセスできますし、エアポートリンクが接続するパヤータイ駅にも3駅ほどでアクセス可能です。

私は、この辺をバンコク滞在の定宿にしています。便利ですよ。

 

また、Soi Kasemsanを選んだのは、レースキットの配布場所であるStadium oneが近かったこともあります。

歩いて行ける距離だったので、レースの準備は非常に楽でした。

事前に大会サイトで

・レースキット配布場所

・スタート地点(当日の移動)

・フィニッシュ地点(帰りの移動)

を確認してから、ホテルの予約を取ることがおすすめです。

 

以上が、[旅費公開]バンコクマラソン2018です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/