UNOか?DUOか?私がASSIOMA UNOを選んだ理由

パワーメーターが手に入る価格がドンドン下がっています。

そして、そんな状況下に日本に登場したのがASSIOMAです。

ペダル式のパワーメーターで先を走るGARMIN製品より大幅に安いです。

ASSIOMAには、パワーが

片足計測…UNO

両足計測…DUO

の2機種があります。

私は、そのうちASSIOMA UNOを購入し使っています。

ということで、私がASSIOMA UNOを選んだ理由を整理して書いてみます。

ASSIOMAを買いたいけどUNOか?DUOか?で悩まれている人の参考になればと思います。

UNOを選んだ理由を端的に書くと、パワー管理さえできればOKと考えたからです。

それ以外にも数点理由があります。

理由①:パワーが把握できればいい

まずは、自分がパワーメーターに何を求めるのか明確すべきです。

私の場合は、とにかく「バイク中のパワーが把握できればいい」でした。

一方、DUOでは両足計測によりペダリングの左右差やパワーの入る位置などを可視化してくれる機能が加わります。

考えた挙げ句、それは今の自分に不要と判断しました。

理由②:価格面

そうなると、価格面もメリットが出てきます。

片足計測のUNOの方が安いからです。

ASSIOMA UNO…USD429.00(≒47,190円)

ASSIOMA DUO…USD670.00(≒73,700円)

※USD1=110円換算

言い換えると、DUOは両足のサイクリングダイナミクス(ペダリングの可視化)を差額で購入しているということです。

理由③:両足計測に変えるオプションがある

ペダルは非常に傷つきやすいパーツです。

ここはASSIOMAの良さの一つでもありますが、スペアパーツがちゃんと準備されています。

また、UNOを購入した場合も、追加でパワーセンサー付きの右ペダルを購入すれば両足計測に仕様を変えることができます。

物足りなければ、そうすればいいだけです。(割高にはなりますが)

このようなオプションがある点も考慮しました。

以上が、私がASSIOMA UNOを購入した理由です。

高度なデータの分析などをしないのであれば、ASSIOMA UNOの性能で十分です。

浮いたお金を違うところに投入するのが賢いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/