ロング(180km)のバイク完走を確信した練習

ロング(180km)のバイク完走を確信した練習

トライアスロンをしている人で、

アイアンマン(国内の場合は、ロング)の完走を目標としている人は多いです。

トライアスロンと言うと、一般的にはショート(オリンピックディスタンス)ですが、

アイアンマン(鉄人)という響きやブランド、特別感が、多くの人をロングに向かわせる要因となっています。

しかし、ロングは距離にして、

スイム:3.8km

バイク:180km

ラン:42.2km

と、なかなか高いハードルです。

私の経験からすると、それぞれの種目で完走できると確信した練習がありました。

今回は、バイクの180kmを完走できると確信した練習について、書いてみます。

なお、初めてロングに挑んだレース(2018年五島長崎国際トライアスロン)や完走までの練習量などは、

以下を参照してください。

今回は、180kmの完走を確信した練習のみにフォーカスした内容になります。

180kmの完走を確信した練習

いきなり本題ですが、私が180kmの完走を確信した練習は、

本番の2ヶ月前に120kmライドを毎週末、計4回(1ヶ月)やったことでした。

残念ながら、1回の練習で確信できたわけではありません。

120kmライドを何度か完走することで、ゆっくりでも本番の180kmは完走できるなと確信しました。

この、

・120km

・計4回

には、ロング初出走の自分なりに考えてトレーニングした結果です。

120km

フルマラソンの完走の経験があったので、

そのときに30km走を1回やって完走の目処を立てた経験を思い出しました。

そこで、「180kmでフルマラソンの30km走」をやってみればいいと考えました。

計算上は、だいたい120~130kmでしょうか?

よく走る60kmのコースがあったので、それを2周回(計120km)としました。

計4回

フルマラソンと同様に、1回やればいいと思っていました。

しかし、その1回が想像以上にひどい内容でした。

・前半飛ばしすぎる

・補給タイミングがめちゃくちゃでパフォーマンスが下がる

と初心者丸出しの内容でした。

ペース配分や補給タイミングを試しているうちに、計4回になったというだけの話です。

4回終わる頃には、180kmは完走できるだろうなと思っていました。

(その後、フルマラソンできるかは別問題ですが)

距離以外に考えておいた方がよいこと

180kmを完走したことがない人にとって、

「距離」が最大のハードルだと考えていませんか?

(私はそう思っていました。)

しかし、それ以外にも考えておいた方がよいことがあります。

もし、「距離」が最大のハードルだと考えている人は、以下を参照してください。

完走時間を計算する

180kmは、たとえ平均30km/hで走れたとしても6時間を要する長丁場です。

すなわち6~7時間は、ほぼノンストップで動き続けることが求められます。

ほとんどの人が経験をしたことがない長さだと思います。

そのため、距離で考えずに、

動き続ける時間で考えてもいいでしょう。

ペース関係なく、4、5時間バイク乗り続けるのも、立派なロング対策になります。

コース本番の地形を考慮する

これは初ロングだったバラモンキング2018を走りきって思ったことですが、

レース本番のバイクコースを確認しましょう。

特に、獲得標高のような起伏の部分です。

私の住む地域は、平地が少なくアップダウンが多いコースを走っています。

これが、功を奏しました。

起伏多いとされるバラモンキングのバイクコースで、それを感じなかったからです。

フラットな河川敷と起伏のあるコースでは、同じ120kmを走っても話が違います。

その点を頭に入れてトレーニングプランを練ることをおすすめします。

著名なトライアスロンコーチのJoh・Friel氏は、自身の書籍の中で、

「レースが近づくにつれて、そのレースに合った特異性のあるメニューになっていく」

と言っています。

距離や競技時間だけでなく、気候や地形、スタート時間など、

できるだけレースに近い状態でトレーニングすることで、レース本番での不安は少なくなるでしょう。

スイムも同様です。

以上が、「ロング(180km)のバイク完走を確信した練習」です。

ロングの180km完走が不安な人は、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/