ZwiftでFTPを更新する3つの方法

ZwiftでFTPを更新する3つの方法

Zwiftでトレーニングやレースをしている人は、多いでしょう。

特にロードバイクやトライアスロンのトレーニングとして活用している場合は、

FTPを指標している人が多いと思います。

そこで今回は、ZwiftでFTPを更新する方法を紹介します。

方法は、3つあります。

方法①:FTPテスト

まず1つ目は、ワークアウトのFTP Testを実行する方法です。

20分の全力走(W)x 95%でFTPを算出します。

(引用元:https://whatsonzwift.com/

Zwift内には、「FTP Test」と「FTP Test(shorter)」の2つが用意されています。

私の経験上、Shorterの方でいいと思います。

通常版は、ウォーミングアップで足がだいぶ削られてしまいます。

方法②:フリーライド

次に、フリーライド(Zwiftレース含む)での自動検知機能を使います。

フリーライド中に、設定しているFTPを超えるパワーでライドできたときに、

FTPを新しいFTPを自動検知してくれます。

Zwiftレースで追い込んだりする人は、フリーライドでのFTP検知が有効でしょう。

私は、フリーライドでのFTP自動感知は使ったことがありません。

(フリーライドをしないので)

方法③:FTPの手動更新

実は、FTPは任意の数値を意図的に設定することができます。

手動でのFTP更新は、以下でまとめています。

FTPの更新は、FTPテストだけではありません。

Zwiftでトレーニングを続けていて、どうしてもFTPが更新できない人は

手動でFTPを設定してもいいと思います。

更新したFTPの負荷をこなせるのであれば、

FTPテストでのFTP更新をわざわざしなくてもよいと言えます。

以上が、「ZwiftでFTPを更新する3つの方法」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/