ウエットスーツは2ピースか1ピースか?

このカテゴリでは、トライアスロン素人である著者が考える「トライアスロンに関するスキルアップの考察」を、書き記したいと思います。

ウエットスーツのタイプは、2種類あります。

上半身から下半身まで一体となっている1ピースと言われるタイプ、もう一つは上半身と下半身が別々に作られている2ピースです。

さて、素人からトライアスロンを始める場合、どちらのタイプを選択すべきなのでしょうか?
今回は、素人なりにその選択法を考えたいと思います。

まず、個人的な結論は2ピースだと思います。

理由は2点あります。

着脱しやすい

上半身と下半身を別々に着用することは面倒なのですが、ウェットスーツを脱ぐ場合は2ピースが楽だと感じています。
2ピースのファスナーは前方、1ピースのそれは背中部分についていることが多いです。

筆者のウェットスーツは、2ピースをチョイスしました。

着るときはいいのですが、スイム後にトランジションを行うことを考えると、目に入りやすい前方にファスナーがある2ピースの方がスムーズにウェットスーツを脱ぐことができます。
また、ただでさえ肩などが回りにくいウェットスーツで、背中側のファスナーを外すことは個人的には容易ではないと実感します。
その点は慣れが必要です。

前開きは、トランジションで楽です。

水温差に対応もできる

先ほど述べたように2ピースは、上半身と下半身が分離しています。

ご存知かと思いますが、上半身は長袖タイプと肩までのロングジョンと言われるタイプがあります。

ウェットスーツを購入するにあたって、どちらかを選ぶ必要があります。
個人的には長袖タイプを購入したのですが、どうしても夏は暑いです。
シーズンインまでは防寒対策で重宝しますが。

そこで2ピースであれば、資金に余裕ができたときにロングジョンの上着を購入することができ、自身の体感に合わせてアレンジしてスイムに臨めると考えています

デメリットもあります。
2ピースは、上半身部分と下半身部分を主にマジックテープで接続します。

レースで飛び込む必要がある場合、うまく入水できないと、運悪く接続部分が剥がされ、下半身が下がってしまうことがあるそうです。(私は経験がありません)

上半身と下半身は、マジックテープで接続します。

ここまで2ピースのウェットスーツに関するメリットとデメリットを述べてきました。

私の実感として、エリートは別として、エイジ上位の選手は1ピースを使っていることが多い気がします。汗

1ピースには、それを選ぶ理由があるのでしょうね。。。

今の私にはわかりませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/