スペースブッキングに失敗しました。

今回、初めての参戦になるIRONMAN。

いよいよIRONMAN TAIWANまで約1ヶ月になりました。

準備は着々とやっているところですが、一つ問題が発生しました。

まず、滞在予定のホテルから、こんな親切なメールを頂きました。

どうやら、無料受託荷物であってもスペースブッキングが必要なようです。

スペースブッキングとは

まずスペースブッキング(予約)について、説明します。

海外でトライアスロンやサーフィンのようなアクテビティをする場合、道具を日本から飛行機に乗せることになります。

トライアスロンであればバイク、サーフィンであればサーフボードですね。

ただし、問題はそのサイズです。

どうしても一般の旅行客より、大きいサイズの荷物を受託荷物とすることになるので、フライト前に、受託サイズ分のスペースを空けておくように予約することが推奨されています。

スペースブッキングは無料受託荷物に関しては無料です。

※無料受託荷物を超えるサイズ・重量については、別途料金が徴収されるので注意です。

通常の旅行であれば、このような事前予約は必要ありません。

航空会社へ連絡

今回、利用する予定は福岡-台北間はエバー航空です。

その後、台北―馬公をユニー航空へ乗り継ぎます。

ホテルからのメールにあるように、台北―馬公の各フライトが10台程度しか乗せられないとしたら、IRONMANの主催者が手配しているバイク郵送サービスを利用する必要があるので、しっかり予約した方がよさそうです。

ユニー航空がエバー航空の子会社であることと、ユニー航空の問い合わせはメールが不可で電話のみ。

こちらは英語でリクエストする自信がないので、エバー航空に全て任せようと思い電話しました。(エバー航空は日本窓口があり、日本語で全て対応してもらえます。)

結果は、福岡―台北間はスペースブッキングできましたが、台北―馬公は予約できませんでした。

スペースが一杯とのことです。残念。

おそらくツアーの予約などもあるので、抑えられている可能性があります。

いずれにせよ、次回からはフライトを取ったら、すぐにスペースブッキングしようと決意しました!

このスペースブッキングでは、以下の情報が必要です。

・バイクボックスの3辺それぞれの長さ(トータルではありません)

・重量目安

事前に確認して、予約するようにしましょう。

代替案

台北―馬公間のフライト輸送ができなくなったので、代替案が必要です。

前述しましたが、IRONMANオフィシャルのバイク輸送サービスを利用することにしました。

事前に見ていたのですが、高かったので敬遠していました。しかし、背に腹はかえられません。

日本語の説明書と申し込みフォームがあるので、安心です。

輸送サービスの通常料金とフライトに合わせた速達代で、合計30,176円(TWD8,180)

正直痛い出費です。

ただ、空港&会場で預けられるので、滞在中は身軽になるなと。帰りも台北に一泊する予定ですし。

次回、アイアンマン台湾に参加する人で、この記事を見てもらった人は早めにスペースブッキングをして追加出費を抑えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/