Zwiftを始めるための初期費用を公開します

Zwiftを始めるための初期費用を公開します

新型コロナウイルスが流行し始めてから、自転車もインドアトレーニングがグッと広まりました。

私もちょうどその時期に、トライアスロンのバイクパートを改善したいと思い、情報収集や練習を重ねるうちにインドアトレーニングのメリットを感じました。

ロードバイクのインドアトレーニングの代名詞的な存在は、Zwiftです。

多くのトライアスリートも導入しており、私の周りでもバイクが強い人はほとんどやっています。

ここでは、2020年9月からZwiftを始めたときの初期費用を公開します。

これからZwiftを始めたい人やZwiftを始めるために情報収集をしている人には、参考になるでしょう。

揃えたものは、3つだけ

冒頭に初期費用と大きく出ましたが、実はZwiftを始めるにあたって揃えたものは3つしかありません。

・スマートトレーナー(Tacx FLUX 2 smart)

・スプロケット(SHIMANO 105)

・Zwift月会費(7日間無料トライアル後)

あとは、自分がすでに持っているもので対応しました。

周辺アイテムは、それなりにZwiftを続けるつもりはもちろんありましたが、必要性に迫られてから購入したほうが経済的です。

試行錯誤しながら揃えてよかったものは以下にまとめています。

特に、汗対策は万全にしましょう。

Zwift開始前にすでに持っていたもの

Zwiftを始めるにあたって揃えたものが3つで良かったのは、私がすでにトライアスロンをやっていたからです。

具体的に、Zwiftを始めるのに必要な以下はすべて持っていました。

裏を返すと、これらで持っていない場合は揃える必要があります。(どれも必需品です)

・ロードバイク(完成車)

・ビンディングシューズ

・サイクリングウェア(上下)

・Zwiftアプリ通信用デバイス(所有するiPhoneを使用)

・スクイズボトル

Zwiftの初期費用は、約12万5000円

Zwiftを始めるにあたって揃えたものは、3つと前述しました。

その総額は、約12万5000円です。

スマートトレーナーの価格次第では上下しますが、ロードバイクをすでにやっている人にとっては準備するものはそう多くありません。

スマートトレーナー 118,800円

TacxのFLUX 2 smartを新たに購入しました。

購入によって、ロードバイクと接続し、パワートレーニングが可能になりました。

高額ですが、購入に関して後悔はしていません。

同じグレードのものでも、もっと安く手に入れることができると思うのでネット内を探してみてください。

なぜ、数あるスマートトレーナーでFLUX 2 smartを選んだかは以下にまとめています。

スプロケット 約5,000円

スマートトレーナーには、スプロケットがついていないものが多いです。

その場合は、別途購入が必要です。

ロードバイクのコンポーネントがSHIMANO 105なので、同じグレードのスプロケットを購入しました。

Zwift月会費 1,650円( 7日間無料トライアル後

Zwiftを始めるには、Zwiftアプリのサブスクに入る必要があります。

月額1,650円です。

私が始めたときは、 開始7日間無料トライアルでした。

Zwiftはこの手順で始めよ!

準備を整えてZwiftを始める場合、初心者が2,000以上のワークアウトがある中から最適なものを見つけることは不可能です。

最初は、何をやっていいかわからないと思います。

Zwift初心者は、FTP Test→6wk Beginner FTP Builderから始めましょう。

FTP Test

準備を整えて早速Zwiftにトライしたい気持ちはわかります。

しかし、まずは自分の実力を把握することが第一歩です。

いきなりウサイン・ボルトを目指して、全速力でダッシュしてはいけません。

Zwiftで自分の実力を測るのは、FTP Testです。

(引用元:https://whatsonzwift.com/)

序盤のウォーミングアップのあとに、20分間の全力走があります。

かなりきついはずです。

がんばりましょう。

そこでの平均パワー x 95%がFTPとされ、あなたの現時点の実力値となります。

今後のワークアウトの負荷は、このFTPを基に設定されます。

FTP Testは、とても重要なワークアウトです。

なお、Zwiftには、「FTP Test」と「FTP Test (shorter)」が準備されています。

shorterを選びましょう。

標準のFTP Testは、アップで脚が終わります。(やってみればわかります。)

6wk Beginner FTP Builder

自分のFTPがわかったら、ガツガツと乗り込みましょう!

とはなりません。

次に、6wk Beginner FTP Builderで

・Zwiftの操作に慣れたり

・ハードなトレーニングのための脚づくり

をしましょう。

この6wk Beginner FTP Builderを一通りやり抜くことで、ハードなトレーニングのための下地ができるでしょう。

その辺のことは、以下で詳しく書いています。

FTPを向上させていきたい人へ

6wk Beginner FTP Builderを終えたら、あとは各々の嗜好に合わせてZwiftを楽しんで下さい。

自由にワークアウトを選んでいいです。

もし、あなたがFTPを向上させたい場合は、以下が参考になります。

私が2020年9月(FTP:187w)からZwiftを始めて、FTP向上に効果的だったワークアウトをまとめています。

※随時更新中です。

以上が、私のZwiftでの初期費用です。

トライアスロンにおいて、バイクの重要性は高いです。

Zwiftでバイクを強化すれば一気にタイムも短縮できますし、バイク後のランに余裕が持てます。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/