Edge130Plusで良かったと後悔したGARMIN Edge530使用レビュー

トライアスロン5年目となり、パワーメーターを導入しました。

そのついでにサイクルコンピューター(通称:サイコン)をGARMIN Edge530にアップグレードしています。

購入後、しばらく経ったので、ここでGARMIN Edge530の使用レビューをします。

結論は、私はエントリーモデルのEdge130Plusで良かったなと後悔しています。

Edge530とEdge130Plusの選択で悩まれている方は、このレビューを一つの判断材料にしていただければと思います。

GARMIN Edge530使用レビュー

まず、全体の使用感については何の不満もありません。

それでも後悔している点は、自分にはオーバースペックすぎるという理由です。

多機能すぎます。

Edge530を使ってみて、自分はEdge130Plusでも満足できただろうなと考えています。

後悔している点

これから挙げる点が、Edge130Plusとの機能の違いになりますが、私には不要な機能でした。

端的に言うと、私に必要な機能は、「これまで使っていたサイコン+パワーの指標が表示できれば良かった」といえます。

地図+ナビゲーション

私にとってロードバイクに乗る機会=トレーニングです。

加えて、様々な未知の場所に走りにいくこともないです。

知っている場所(コース)をトライアスロンのバイクトレーニングで走ります。

その場合に、ナビゲーション機能はおろか地図機能さえ不要です。

レースで使えるという希望的観測もあるのですが、今のところ必要性を感じません。

インドアモード

実はEdge530にした理由が、このインドアモードの存在でした。

Edge530購入前は、Zwiftでトレーニングした記録をEdge530に残せることが、非常に魅力的に感じていました。

しかし、何度かスマートトレーナーと紐付けたり、アクティビティをEdge530に記録しましたが、「これは、いい!」という気持ちになっていません。

Zwiftアプリ、スマートトレーナー、Edge530とデバイスに溺れてしまい、インドアではEdge530は使わなくなっています。

今では、インドアトレーニングでEdge530を起動すらしていません。

なお、スマートトレーナーはTacx FLUX 2 Smartを使用しています。

良い点

FTP機能の充実

本格的にバイクトレーニングをされている人の中には、FTPの向上を目標されている人も多いと思います。

Edge530を使うと、ライドのパフォーマンスを評価してFTPを自動計測&更新してくれます。

FTPテストも不要ですし、トレーニングの進捗を管理するにも便利です。

GARMIN製品との互換性

私は、時計、心拍計もGARMINの製品を使っています。

Edge530との互換性は当然良く、ストレスはありません。

こうやってGARMINの囲い込みにまんまとハマっていますが、手持ちのデバイスとの互換性は考慮に入れるべきです。

サイクリングダイナミクス

GARMINのサイコンにしたことにより、サイクリングダイナミクスのデータもとれます。

データに溺れないように注意は必要ですが、多少なりとも参考になると思います。

以上が、「GARMIN Edge530使用レビュー」です。

スペックは申し分ないので、Edge530を大事使っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/