【Zwiftも外ライドもこなす万能さ】パールイズミ・コンフォートパンツ使用レビュー

インドアバイク(Zwift)を本格的に始めて、約1年が経過しました。

うまく習慣化できて、着実にZwiftをやる頻度が上がっています。

頻度が上がると、問題になるのがウェアの枚数と摩耗。

今回は、この1年間で色々試したレーパンの中で、パールイズミ・コンフォートパンツでほぼ間違いないと思うので、

その使用レビューをしたいと思います。

パールイズミ・コンフォートパンツ使用レビュー

いきなりマイナスは話ですが、

パールイズミのコンフォートパンツより、価格を比較すると安いレーパンはたくさんあります。

ただし、後述する点を考慮するとコンフォートパンツに軍配が上がるでしょう。

単純に安さを求める人は、あまり参考にならないレビューだと思います。

所有するコンフォートパンツは現在、3枚です。

耐久性が高い

一番のポイントは、日本で縫製された耐久性の高さです。

私は、週4日はZwiftをやっています。

レース前の強化期では、週7回以上のZwiftを入れています。

それぐらいの頻度で使用しても、製品に問題は見当たりませんでした。

ちなみに、価格の安い某ブランドのレーパンも使いました。

数ヶ月で、糸が切れ、解れから生地が取れかかっています。

コンフォートパンツは、そんなほつれはありません。

多少値段は高いかも知れませんが、耐久性を考えるとコストパフォーマンスが高いと言えます。

デザインがシンプル

デザインがシンプルな点も良いです。

無駄な装飾がありません。

インドアバイクではデザイン性は大きな問題になりませんが、屋外のライドでは変なデザインのウェアは着たくないですね。

比較的ウェアのデザイン性はどうでもいい私でも、そう思ってしまいます。

その点、コンフォートパンツは、色も黒で装飾がないため、サイクルウェア(上着)との組み合わせを選びません。

非常に汎用性が高いと言えます。

以上が、「パールイズミ・コンフォートパンツ使用レビュー」です。

デザインはミニマムで主張がないけど、耐久性は欲しい人にはピッタリでしょう。

特に、Zwiftでは重宝すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/