レースで使ったシールのベタベタを取り除く方法

トライアスロンのレースが終わって、色々な後片付けがあります。

その一つが、ナンバーシールをはがすことです。

ヘルメットやシートポストに貼り付けていると思います。

 

しかし、このナンバーシールをはがすのが結構厄介だったりします。

理由は、シールのベタベタが残ってしまうことです。

今回は、私が実践しているシールのベタベタを取り除く方法を紹介します。

上が、先日参加したトライアスロンレースでシートポストに貼ったシールを剥がした跡です。

かなり雑に剥がしてしまいました。汗

拡大したものになります。

ベタベタとシールが残っています。

 

ハンドクリームを使用する

このようなときに、シールのベタベタを取り除くのに使うのがハンドクリームです。

どこの家にもあるハンドクリームでOKです。

これをシールのベタベタした部分に塗ります。

今回は試しに、右側だけに塗っています。

そこから、10分ほど時間をおきます。

特に決まった時間はありません。

塗ったことを忘れて、1時間おいたこともあります。

目的は、ハンドクリームの油分をシールやベタベタした部分に染みこませることです。

 

10分後に、タオルなどでハンドクリームを拭き取ります。

ベタベタによっては、力を入れてこすった方がよい場合もあります。

このように、右側はシールがなくなりました。

同様に、全体にハンドクリームを塗って、綺麗になったものが以下です。

以前の状態に戻りました。

今回はシートポストで紹介していますが、ヘルメットでも同様にハンドクリームを使用して対処しています。

もし、困っている人がいましたら、すぐにできると思うので是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/