初IRONMAN挑戦の私がIRONMAN台湾を選んだ理由

IRONMAN。

トライアスロン業界に踏み込んだ人の多くは、必ず完走したいレースの一つではないでしょうか?

世界のトライアスリートを魅了している素晴らしいレースです。(コストが高いですが)

IRONMANレースは世界各地でレースが開催され、ハワイ・コナでは世界選手権が毎年開催されています。

日本でも2015年までは開催されていましたが、残念ながら現在は70.3(ハーフアイアンマン)のみが開催。

私はトライアスロンを始めた当初から、IRONMANを完走したいと思っていました。

しかし前述のように、フルディスタンスのIRONMANを完走したい場合は海外のIRONMANに挑戦することが必要です。

トライアスロンで海外?

一気にハードルが上がる感じがありますね。汗

結論から言うと、昨年(2018年)、IRONMAN台湾を完走できました。

(荒天でスイムが400mに短縮されるという曰く付きの完走ですが。)

では、私がなぜ初IRONMANに台湾を選んだのか?

ちょっと書いてみたいと思います。

日本人向けのIRONMANはあるのか

まず、日本人が多く参加するIRONMANがあります。

それが、太平洋エリアのレースです。

具体的には、韓国(グレ)、台湾(ポンフー)、フィリピン(スービックベイ)、マレーシア(ランカウイ)、オーストラリア(ケアンズ、バッセルトン)です。

※2018年での、IRONMANのエントリー数や日本人エントリー数は下記を参照してください。

数字は、筆者独自集計です。

IRONMAN台湾を選んだ理由

(引用元: https://eu.ironman.com/

その中でIRONMAN台湾を選んだのは、以下の理由からです。

・地理的に近い

・訪問歴のある国

・日程

これに加えて、台湾が最も自分に合っていると考えたからです。

ちなみに、最終候補から外れた国(韓国、マレーシア)に対する私の心の声は、以下のような感じです。

・韓国は、食事が辛い物が基本で、すぐに飽きるし、辛い物がそんなに好きじゃない。レース前に胃腸をカプサイシンでいじめたくない。

・マレーシアは、仕事・観光ともに訪問歴があるが、あまりいい思い出がなく、相性がさほど良くない。酷く暑い。ランカウイ島へは観光で行きたい。

なお、レース選択にあたってコースは一切考慮しませんでした。

地理的に近い

まず、太平洋エリアが日本人に人気の理由は、地理的に近いので移動のストレスが少ないからです。

また、時差は大きくても1時間以内のエリアになります。

初IRONMANに加えて、ロングのレースにも慣れていないことから、できるだけレースに集中できるエリアを考えていました。

この時点で太平洋エリアのレースに絞れました。

訪問歴のある国

地理的に近く、時差もないということで太平洋エリアがいいなと思っていました。

次は具体的な行き先です。

これもレースへのストレスが極力かからないようにするには?と考えて、訪問歴がある国が良いと考えました。

訪問歴があったのは、韓国、台湾、マレーシアです。

どの国も複数回&複数都市に訪れているので、ある程度は違和感なく滞在できそうでした。

特に、台湾はなぜか台湾一周旅行をしたことがあるほど、自分には深い縁があり、かなりお気に入りの国です。

食の相性も自分の舌とマッチします。

この時点で、気持ちがググっと台湾に傾きます。

日程

最後に日程です。

サラリーマンなので、有給休暇を利用してIRONMANに参加することになります。

当然、有給はあまり使いたくないですよね。

有給の取得は、もっと大事な時に向けて温存したいです。

運よく2018年のIRONMAN台湾は、日本の三連休(体育の日)の中日に開催されました。

その他の韓国やマレーシアは、通常の土日です。(マレーシアは土曜日開催)

有給も1日少なく済むので、サラリーマンに優しい日程です。

この日程が、最後に背中を押しました。

レースを終えて感じたこと

IRONMAN台湾を終えて、事後的に感じたことも書いてみたいと思います。

日本語で競技説明会がある

IRONMAN台湾を選んだ理由が、レース以外へのストレスが最小限な環境であることでした。

IRONMAN台湾は約4人に1人が、日本人です。

嬉しい誤算だったのですが、競技説明会が日本語で開催されました。

アスリートガイド(もちろん英語)を読み込んでいましたが、

初IRONMANで何かと不安がある中で、日本語で説明を受けることは大きな安心感につながりました。

日本語の競技説明会が必須な人は、事前にレースのイベントスケジュールで日本語があるかを確認しましょう。

これだけで対象レースが絞られます。

私が確認したところ、韓国、台湾、ケアンズが日本語による競技説明会を実施しているようです。

台湾の環境が自分に合っていた

レースのパフォーマンスは別として、それ以外の周辺環境は目論見どおりに自分に合っていました。

台湾を訪れたことがある人はわかると思いますが、台湾には日本食に近い食事や日本でお馴染みのセブンイレブン、ファミリーマートのようなコンビニがあります。

開催される馬公は離島ですが、セブンイレブンやファミリーマートが不自由なくありました。

台湾の食事は、大好物なので当然、問題なし。

離島なので海産物が豊富ですが、胃腸トラブルが発生しやすいので、特にレース前の摂取は避けました。

このように結論としては、私は初IRONMANに台湾を選んで正解でした。

さて、冒頭にも書きましたが、現時点でIRONMANを完走するには、海外遠征が必須です。

ご自身の海外渡航歴や語学、趣味趣向によって、行き先はある程度決められてくると思いますが、トライアスロンを始めたような気持ちで情報収集をしながらIRONMANに挑戦してください。

私も今後は年に一度はIRONMANにチャレンジしたいと考えているので、できるだけ現地のレースをレビューしていきたい考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/