市民トライアスリート紹介#3 中川勝憲さん

市民トライアスリートにスポットを当てたい。

忙しい日常の傍ら、市民トライアスリートは

・どんなきっかけでトライアスロンを始めたのか?

・毎日どんなトレーニングをしているのか?

・どれくらいトライアスロンを愛しているのか?

トライアスロンを始めたい人、始めたばかりの人にとって、ちょっと前を走っている市民トライアスリートに素朴な疑問で迫っていきます。

第3回は、中川勝憲さんです。

トライアスリート:中川 勝憲(ナカガワ カツノリ)

中川さんは、私も所属する長崎県佐世保市を拠点として活動しているチームFREEに所属しています。

あくなき向上心に支えられた、トレーニング量は感服です。

主なリザルト

2015年 長崎西海トライアスロン祭:2時間17分23秒(エイジ1位)

2016年 五島長崎国際トライアスロン(Aタイプ):10時間43分28秒(エイジ2位)

2017年 五島長崎国際トライアスロン(Aタイプ):10時間56分30秒(エイジ3位)

2017年 ロングディスタンス世界選手権(ペンティクトン/カナダ):6時間52分34秒(エイジ13位、同日本人2位)

2019年 五島長崎国際トライアスロン(Aタイプ):10時間51分58秒(エイジ4位)

2019年大会時における長崎新聞での掲載記事
2019年大会時における長崎新聞での掲載記事

職業

薬剤師(薬局経営)

スポーツ歴

中学校 バレー、陸上長距離

高校 陸上長距離

大学 演劇

社会人 マラソン、空手他

トライアスロン歴

2011年~

トライアスロンを始めたきっかけ

最も過酷で、強靭な体力と精神力が求められる競技で、かっこいいと思った。

かっこいい姿を子供たちに見せられると思った。

普段のトレーニング量

ラン…250~350km(月間)

バイク…600~800km(月間)

スイム…10~20km(月間)

平日4:30~6:00に、バイク約21km、その後ラン5~7km

平日夕方にエアロバイクorラン、スイム&ラン

日曜日は、バイクロング&ラン&スイム

得意種目順

ラン>>バイク>スイム

バ愛ク(バイク)

TTバイクは、SPECIALIZED(トランジション)

ロードバイクは、TREKゴールドマドン2006

勝負ランシューズ

アシックス・ターサー、HOKA ONEONE

お気に入りのアイテム

GARMIN ForeAthlete 735J

ストレス解消法

お酒・ランニング・汗をかく

レース前の験担ぎ・ルーティン

前夜のビール、炭水化物多め。

トライアスロンの魅力

特にロングは、年齢にほぼ関係なく勝負できること。普段の生活リズムの中で、練習に取り組めること。入念な準備と計画が必要なこと。

今後の目標

もう一度、世界大会に出てみたい。

最後に一言

くれぐれも事故に注意して、安全第一でトライアスロンを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/