CATEYE STRADA DIGITAL WIRELESS(キャットアイ ストラーダ デジタル ワイアレス)電池交換方法

先日、トライアスロンのレース中に、サイクルコンピューター(CATEYE STRADA WIRELESS)のバッテリーが切れていることが判明しました。

レースは、このままバッテリー切れの状態で終了。

やっぱりサイクルコンピュータがあるとないとでは、全然違いますね。

ペーシングが難しいです。

さて、その後にサイクルコンピューターの電池交換をしました。

その様子を紹介します。

準備するもの

・サイクルコンピューター(バイクから本体を取り外します)

・電池(CR2032)

手順

電池の交換

背面のバッテリーカバーを取り外します。

すると、黒い防水カバーが見えます。

これを外すと、その下に電池がありますので、そこまで取り外します。

なお、防水カバーは取り外しにくいです。

カバー上部のふちを押すか、硬いものを梃子にして外すといいです。

電池まで取り出せました。

あとは、新しい電池を挿入して、再度防水カバーを取り付けます。

リスタート操作

電池を交換した後は、リスタート操作が必要です。

サイクルコンピューター裏面の「AC」ボタンを押します。

その後に、時刻を合わせると使えるようになります。

https://www.cateye.com/jp/support/manual/doc/CC-RD430DW_HP_JP_v4-1.pdf

以上が、「CATEYE STRADA DIGITAL WIRELESS(キャットアイ ストラーダデジタルワイアレス)電池交換」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/