虹の松原トライアスロン2017レビュー

人生初のトライアスロンレース・虹の松原トライアスロンを完走しました。

🇯🇵人生初のトライアスロンレース、虹の松原トライアスロンin唐津を完走‼︎ 30-39年代では総合8位でした^ ^ 色んな人におめでとうはもらってるけど、自分の中で前日までにケリはついてた。 2017年1月からトライアスロンを本格的にトレーニング始めて、このレースまで約半年間 スイム…106.4km バイク…599.8km ラン…522.6km トレーニングしてた。 完走云々より、これだけのトレーニングの時間を紡ぎ出せただけで、個人的には価値あり。 相変わらずの行き当たりばったりのハマリこみすぎの性格やけど、遠くの#finish は気にせず、1かき、1漕ぎ、1歩目の前を自慢の肩幅で生み出していきます💪💪💪 小川、まだまだ1センチか1ミリか上げていくよ。 #karatsucity #karatsu #nijinomatsubara #nijinomatsubaratriathlon #triathlon #triathlonfinisher #虹の松原 #虹の松原トライアスロン #虹の松原トライアスロンin唐津 #トライアスロン #初トライアスロン #初レース #TRIangle #rainbowpaintriathlon #素人のトライアスロン

Shigeyuki Ogawaさん(@geshi_14os_g)がシェアした投稿 –

タイムは、写真です。

30-39年代の順位は、8位でした。

ここでは、レースレビューをしたいと思います。

スイム…25分31秒(目標…30分以内でスイムアップ)

正直できすぎの内容。
しかし、ビーチスタートの対策イメージを実践できて、それによって前半戦に好スタートを決めれたので、あとは比較的マイペースで泳ぐことができた。

波が高かったということだったが、個人的にはさほど気にならなかった。

課題は、ヘッドアップの使い方とバタ足をセーブしてキャッチとローリングを中心にスイムすること。

バイク…1時間13分31秒(目標…1時間15分以内でバイクアップ)

レースペースは計算通り。
av32km/hで考えていたので、そのペースを上げたり下げたりしないようにメーターとにらめっこしながらのバイク。

ビギナーの自分としては、コースがフラットだったため、ペースを決めていればそのペースでケイデンスを維持していけばよかったので、精神的にラクだった。

余裕をもってバイクできたので、脚も比較的余った。

補給は、スポーツようかんを1つロストしてしまい、後半の補給ができず。

ラン…45分30秒(目標…45分以内でフィニッシュ)

バイクで脚に余裕があり、心拍も比較的落ち着いていたので、意気揚々とランへ。

しかし、ここでさしこみで横腹が痛くなった。
ずっとそれに耐えながら、治るのを待ったが、調子が上がってきたのが6kmから。

さすがに前半の4分40秒ペースを挽回できずにフィニッシュ。
どちらかというと、ランはむしろこれからという感じだったので、補給なども考える必要があるかもしれない。

また、レースは別物でいつもと違う場所に靴擦れができて、またワセリンを塗らなきゃいけない箇所も増えた。

虹の松原のランコースで一つ注意が必要なのは、距離表示がないこと。
チャレンジの2.5km折り返し、スタンダードの5km折り返ししか距離を確認することができず、ペースの把握が難しかった。

GPS付きの時計をした方が、その辺の不安はなくなるね。

あと、何でナンバーベルトの前後にレースナンバーをつけなきゃならんのだろ?
説明もなく釈然としない感があった。

以上が簡単ですが、虹の松原トライアスロンのレースレビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/