Zwiftの汗対策は長袖コンプレッションウェアで解決しよう

室内ローラーでZwiftをするようになって、汗対策を試行錯誤しています。

その中で私が最も効果が高かったと思うのは、長袖コンプレッションウェアを着用するようにしたことです。

長袖コンプレッションウェア

わからない人のために、コンプレッションウェアについて書いておきます。

コンプレッションウェアとは、身体にフィットする吸水性と速乾性の高いウェアです。

あのピタピタしたヤツです。

ほとんどのスポーツブランドで販売されているので、お好みのものを選んでください。

ちなみに私は、アンダーアーマーのものを使っています。

加えて、2点だけ。

・ヒートギア(夏用)

・長袖

にしましょう。

理由は後述しますが、圧倒的にZwift時の快適性が増します。

効用①:汗が垂れにくい

Zwift時の汗に関する悩みとして、汗が床やロードバイクに垂れるということが多いです。

長袖のコンプレッションウェアを着用することで、上半身の汗をウェアが吸収してくれます。

汗が身体の中や肘に垂れてくるということがありません。

加えて、長袖であればウェアの身体を包む表面積が広がるため、一層汗が垂れてくる心配はありません。

半袖のウェアは肘や手に汗が垂れてくるため、おすすめしません。

効用②:吸水性と速乾性が高い

コンプレッションウェアは、他のウェアに比べて吸水性と速乾性が高いです。

そのため、汗をすぐに吸収してくれますし、汗が乾くのも速いです。

一般的なウェアとして、Tシャツ(ランニングシャツ)やサイクルジャージがありますが、どちらも汗が身体にベタッとして不快感が強い。

コンプレッションウェアは、汗をかいてもヒートギア(夏用)を選ぶことで、風に当たると涼しくなる効果があり、Zwift中の扇風機の風で体温を下げてくれる効果を得ることもできます。

効用③:汗を拭く利便性が高い

長袖にこだわるのには、汗を拭く利便性が高いことも理由の一つです。

頭・顔にかいた汗を、ハンドルにかけたタオルで拭くのは、非常にめんどくさい作業でした。

長袖を着ることで、腕でそのまま汗を拭くことができます。

前述した吸水性も高いため、なんの問題もありません。

以上が、私がZwift時に長袖コンプレッションウェアを勧める理由です。

最後にZwiftの環境に関して、

みなさんがこぞって紹介しているスウェットカバーは使っていませんが、扇風機とハンドル部分にタオルをかけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/