GARMINハートレートセンサーHRM-Triの滑り止めが剥がれたときの対処法

トライアスロンを始めてから、心拍計の有効性に気づいて

GARMINのハートレートセンサーHRM-Triを使っています。(すでに廃盤です。)

4年以上使い続けているので、かなり年季が入ってきました。

その証拠に、胸ストラップの滑り止め部分が剥がれてくる状態です。

今回は、この滑り止めの剥がれの対処法を、

GARMINのカスタマーセンターに問い合わせましたので、その内容を紹介します。

なお、廃盤のハートレートセンサーHRM-Triですが、

後継機が存在します。

ハートレートセンサーHRM-Proです。

こちらも使用レビューをまとめているので、参考にしてみてください。

問題:青いシリコンの滑り止めが剥がれた状態

まず、ハートレートセンサーHRM-Triの胸に当たる部分にある青いシリコンは、

滑り止めとしての役割があります。

私も知らなかったのですが、GARMINのカスタマーセンターの担当者から教えてもらいました。

GARMINのサイトでも、ノンスリップデザインとして記載がありました。

この滑り止めが、以下のように剥がれる状態となっていました。

対処法:そのままでも、剥がれてもOK

これを滑り止めとも知らずに、この状態で使い続けて良いのかを

GARMINのカスタマーセンターに問い合わせました。

結論としては、心拍計という機能に影響はないので、

気にならなければ、そのまま使い続けて良いとのことでした。

もっと言うと、外れてしまっても心拍計としては問題ないです。

外れてしまった場合は、若干締め付けが緩むと考えられるので、

締め直して調整しましょう。

HRM-TriとHRM-Proの比較

ここで、HRM-Triと現行のHRM-Proで胸に当たる部分の形状を比較します。

HRM-Proには、HRM-Triのような滑り止めシリコンはついていません。

個人的な使用感も、滑り止めシリコンの有無は違和感はなく、影響はないと感じます。

HRM-Triの胸に当たる部分

HRM-Proの胸に当たる部分

以上が、「GARMINハートレートセンサーHRM-Triの滑り止めが剥がれたときの対処法」です。

当分はそのまま使いながら、最終的には外そうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/