【3ヶ月使用で実証】Tacx FLUX 2 Smartレビュー

【3ヶ月使用で実証】Tacx FLUX 2 Smartレビュー

人生初のスマートトレーナー(ローラー台含む)であるTacxのFLUX 2 Smartを購入して、

約3ヶ月が経ちました。

ここらで、この購入が実際にどうだったのかレビューしておきます。

結論は、FLUX 2 Smartの購入で正解でした。

※(加筆)この記事公開後1年以上経っていますが、この選択は間違ってなかったです。

Zwiftで使うマストアイテムの一つです。

スマートトレーナーの購入で悩まれている方は、参考にしてみてください。

Tacx FLUX 2 Smartの購入の経緯と理由については、以下にまとめています。

一緒に読んで頂くと、よりイメージが湧きやすいです。

スマートトレーナーを使う目的

まずは、私がスマートトレーナーを使っている目的を整理します。

それは、トライアスロンのトレーニングのためです。

具体的には、FTPの向上です。

ZWIFTでグループライドなどのイベント参加は今のところ全く考えておらず、

自分のペース(時間、負荷)でトレーニングを続けられたらいいなというスタンスです。

よって、ZWIFTではフリーライドは一切せずに、

FTP向上のためのワークアウトをひたすらやっています。

使用3ヶ月の走行距離

購入後3ヶ月の走行距離・時間です。

走行距離走行時間
9月494.3km19:15:37
10月516.8km18:26:45
11月448.7km16:10:56

すべてZWIFTです。

スマートトレーナー&ZWIFTでバイクトレーニングの比重が大きく増したので、

スマートトレーナーの購入はとても良かったと思っています。

スペック比較

次に、Tacxのスマートトレーナーで最上位(フラッグシップ)モデルであるNEO 2T Smartとのスペック比較をします。

主な違いは以下です。

NEO 2T SmartFLUX 2 Smart
精度±1%±2.5%
パワー2,200W2,000W
勾配25%16%
定価178,000円(税抜)108,000円(税抜)

私は、購入時にこの2機種で迷いました。

当然、フラッグシップモデル・NEO 2T Smartの方が高機能に比例して価格は高いです。

盲目的に高スペックを選べる人はいいですが、お金は有限です。

実際にどのレベルの機能が自分に必要なのか?は、みんな考えることだと思います。

精度

NEO 2T SmartFLUX 2 Smart
精度±1%±2.5%

この2機種の精度の差は、±1.5%です。

具体的に、200Wの負荷をかけているときに

NEO 2T Smart…199W

FLUX 2 Smart…195W

と認識される感じです。

この差が重要な人って、どれくらいいますか?笑

精度の差は、ほとんど影響ないと考えていいです。

(パワーが増すごとに誤差は大きくなりますが)

ZWIFTで200Wが求められるときは208W出力しましょう。笑

その方が、FTPにも効果ありです。

そういう意味でも誤差は多少ある方がトレーニング的にいいかもしれませんね。。。

私のようにトレーニングを目的として使用する場合は、

この精度の差は大きな問題ではありません。

パワー

NEO 2T SmartFLUX 2 Smart
パワー2,200W2,000W

パワーについては、2,000Wがどれくらいの数値なのか考える必要があります。

まず言っておくと、ほとんどの人が120~300Wがメインの負荷だと思います。

ZWIFTのワークアウトなどで瞬間的にFTPx160%の負荷がかかる場合もありますが、

その時もFTP300Wの人で、480Wです。

2,000Wがどれだけ大きいパワーなのかわかります。

よって、ほとんどの人が気にする数値ではないです。

2,000Wで十分と考えます。

勾配

NEO 2T SmartFLUX 2 Smart
勾配25%16%

勾配の適用範囲は、ZWIFTでフリーライドをやりたい人に関係する要素です。

しかし、ZWIFTには、ERGモード(ワークアウト時)とSIMモード(フリーライド時)があります。

https://support.zwift.com/ja/erg-SkQJC8OEH

どちらも機能は同じです。

ERGモード(SIMモード)とは、

ZWIFTのワークアウトで負荷(勾配)が上がったときに、

ギアを変えずに負荷を自動で調整する機能です。

負荷(勾配)が上がれば、ギアを変えていないのに勝手に重くなります。

ギアを変える手間がないので、非常にいいです。

ZWIFTのコース内には、もちろん16%以上の勾配がある箇所があります。

16%以上の勾配負荷を再現したい人には需要があると思いますが、

対象となる人は限られるでしょう。

私のようなワークアウトメインの人間には、

勾配の要素は全く不要なので、FLUX 2 Smartの機能(16%)で十分でした。

定価

NEO 2T SmartFLUX 2 Smart
定価178,000円(税抜)108,000円(税抜)

最後は、価格です。

税抜で70,000円の開きがあります。

結構大きな価格差です。

70,000円で何ができるだろ?と考えてしまいます。

私は、購入の際にコスト回収表を作って判断しました。

私の周辺の人々の評価

私の周りにNEO 2T SmartとFLUX 2 Smartをどちらも使ったことがある人は、さすがにいません。

しかし、どちらの機種であっても

私の周りのTacxユーザーは機能性に関して、満足しているようです。

その中には、FLUX 2 Smartを買いたかったけど在庫がなく、NEO 2T Smartを購入した人がいます。

その人は、機能、価格を考えるとFLUX 2 Smartの方が良かったと言っていました。

これまでで書いているとおり、機能はFLUX 2 Smartで十分です。

NEO 2T Smartを購入できる予算を持つ人も、

浮いた70,000円で別のものを買うほうが幸福度は高いのではないでしょうか?

例えば、新しいスマホとか。

以上が、FLUX 2 Smartを3ヶ月使ってみて感じたことです。

Tacx以外のWahoo・KICKRやELITEも、スペック的にはセカンドグレードでほぼ間に合うと思います。

参考にしてみてください。

2 件のコメント

  • 大変参考になりました!
    私も上位機種と悩んでましたがこの記事を拝見し、ミドルグレードのこちらの機種を購入しました!

    • おかぱん様

      コメントありがとうございます。
      参考になって良かったです。

      この記事の公開から、1年以上経っています。
      その間、多少FTPが上がったりとレベルアップしていますが、
      上位機種(NEO2T Smart)の方が良かったなと考えたことが一度もありません。

      良きサイクルライフを!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/