インドアサイクリングの虎の巻『RIDE INSIDE』

インドアサイクリングに特化した著書は、今のところ(2021年11月現在)本書だけです。

新型コロナの流行によって、インドアサイクリングが一気に広まりましたが

・なんとなく乗っている

・気が向いたグループライドに参加している

・適当にワークアウトをこなしている

ような人もいるのではないでしょうか。(別に悪いことではありません。)

本書では、インドアサイクリングの知識だけでなく、トレーニングやTIPSなどを体系的に吸収できます。

著者はおなじみ、プロトライアスロンコーチ・Joe Friel氏です。

残念ながら本書の邦訳はありませんが、

平易な英単語、サイクリングやトレーニング固有の単語も多く、

そこまで読むのに苦労はしません。

サイクリングにおけるトレーニング理論は、著者によって過去に出版された

The Cyclist’s Training Bible

The Triathlete’s Training Bible

と大枠は同じです。

繰り返し出てくることは、それだけ重要だと言うことです。

知識の強化とインドアサイクリングの視点を加えて、さらなるレベルアップをしましょう。

なお、「50を過ぎても速く!」は邦訳されており、世代問わずに参考にできる書籍です。

ポイント①:ERGモードのメリットとデメリット

インドアサイクリングアプリで世界最多のユーザー数を誇るZwiftには、

ERGモードという負荷設定があります。

これは、ユーザーがペダリング負荷を調整せずとも、

スマートトレーナー側で負荷を自動設定して走行できる仕組みです。

Zwiftユーザーで使っている人も多いと思います。

自分で負荷を調整しない分、賛否両論のある機能ですが、

本書でメリットとデメリットが解説されています。

ERGモードが良いか悪いかはケースバイケースです。

まずメリットは、

高負荷は自力で出力することが難しいので、ERGモードでサポートしてもらうと良いということです。

実体験からも納得する部分ですが、

ある一定の負荷を超えると「思いっきりペダリング」するしかなくなります。

私レベルの貧脚には、高負荷を調整するような技術はありません。

ERGモードで自動調整されることによって、

ZwiftのL7、L6のような負荷に分けて出力することができます。

逆にデメリットは、

実走ではERGモードはないので、実践とは違ったトレーニングになる恐れがあることです。

ロングのトライアスロンであれば、長時間を一定のパワーで出力し続けることが求められます。

そこにERGモードのようなアシスト機能はありません。

実践で使えない機能は、トレーニングでも使うべきではないという観点からするとERGモードは不要です。

また、Zwift内の話で言うと、

ERGモードは負荷調整にタイムラグがあります。

よって、

短時間のスプリントインターバルのようなワークアウトには向きません。

ポイント②:インドアならではのリスクに備える環境

インドアサイクリングをやるにあたって、大事なのは環境づくりです。

スポーツジムでインドアバイクを漕ぐのより本気度は増しますし、実走とはまた勝手が違います。

最も重要なのは、室内の温度管理です。

インドアサイクリングは、

疾走による風のクーリング効果はなく、室温が高いと汗を大量にかきます。

汗を大量にかくと、

汗がロードバイクに付着し腐食、劣化する原因となります。

十分注意しましょう。

本書では、扇風機を設置して温度管理することが提案されています。

最初から自分に最適な環境を準備することは難しいと思いますが、

やりながら構築していきましょう。

ポイント③:サイクリストが犯しやすいミス

実走であれば、地形の条件などがあるので、

それに合わせたトレーニングになります。

一方、

Zwiftのようなインドアサイクリングはワークアウト(負荷)を自由に選ぶことができます。

ここで陥りやすいミスは、

中強度や高強度ばかりの偏ったメニューになってしまうことです。

スポーツのパフォーマンスは、追い込めば上がるわけではありません。

低強度・長時間、高強度・短時間、休息、栄養をうまく織り交ぜながら、徐々に上がっていくものです。

インドアトレーニングを始めると、

これまでできなかった高強度のトレーニングを増やしがちになります。

それをできた満足感で、また高強度をやってしまいます。

インドアトレーニングという新しい手段が加わっても、トレーニングの本質は変わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/