ウエットスーツをダメにするNG行動5選

ウエットスーツをダメにするNG行動5選

トライアスロンのスイムパートで最も高価な買い物が、

ウエットスーツです。

トライアスロンを始めてから、初めてウエットスーツを購入&着用する人も多く、

取り扱いをよく知らない人も多いでしょう。

今回は、ウエットスーツの扱い方としてNGな行動を5つまとめました。

先に私の実体験として、5年以上着続けられている要因をまとめています。

基本的には、その逆がNG行動ということになります。

ウエットスーツをダメにするNG行動5選

NG行動①:使用後すぐに洗わない

ウエットスーツは海水に濡れたままの状態で放置していると、

雑菌が繁殖します。

これが、ウエットスーツの劣化の原因となります。

それを防ぐために、ウエットスーツを水(水道水で可)洗う潮抜きという作業をします。

ベストは、使用後すぐ洗うようにすることですが、

レースなどで都合よく水道などがないケースがあると思うので、

できるだけ早く潮抜きをするようにしましょう。

なお、ウエットスーツ用のシャンプーを推奨する情報がありますが、

私は一度も使ったことがありません。

シャンプーを使うよりも、できるだけ早く潮抜きするほうが大事だと思います。

NG行動②:陽に当たるようにして干す

ウエットスーツを洗った後は、

陰干ししましょう。

日光に当てて、乾かすのは厳禁です。

ウエットスーツは、表面ゴムの特性上、日光に当て続けると劣化します。

劣化すると表面が裂けたりと機能性が落ちるので注意しましょう。

よってウエットスーツは、裏返して陰干しします。

NG行動③:屋外に保管する

使用したウエットスーツを乾かしたら、

次は保管場所です。

陽が当たらない屋内が望ましいです。

住宅のクローゼットで問題ありません。

シーズンオフになると、長期間使わなくなります。

次にウエットスーツを取り出すときは、シーズン前でしょう。

取り出したら、ボロボロというようなことがないようにしましょう。

NG行動④:畳んで保管する

保管場所だけでなく、保管方法も大事です。

ウエットスーツを畳んで保管するのは、ご法度です。

理由は、ウエットスーツはシワになりやすく、

そのシワがとれにくいため、その部分から傷んできやすくなります。

よって、ハンガーに吊るして保管することが推奨されています。

NG行動⑤:補修しない

ウエットスーツは、着脱を繰り返していると破れたり裂けたりする箇所が出てきます。

特に、レースではあまり注意を払わずに脱ぐので、

レース後に見ると、損傷している箇所を見つけたことがあります。

損傷した箇所は、補修しておきましょう。

そのまま放置すると、

その損傷箇所からさらに深刻化するようなダメージになりかねません。

自分でできない場合は、

購入したショップで相談すると補修サービスをやっているところがあります。

私も利用したことがあります。

補修のやり方を見ていて、

自分にもできそうな気がしたので、

YouTubeなどを参考にしながら自分で補修するようになりました。

体型の変化は仕方がない

ウエットスーツを長く着続けるためにもう一つ大事なことは、

体型が変化しないことです。

実際に私が5年以上同じウエットスーツを着ていられるのは、

メンテナンスを怠らなかったことに加えて、体型が変化していないことが要因でもあります。

しかし、トライアスロンを始めてから継続してトレーニングをしていると、

体重がどんどん減って、筋力アップもします。

体重の落ち方や体の特徴に関しては個人差があるので、

体型の変化によるウエットスーツの買い替えは、

発生するものだと思っておいたほうがいいです。

以上が、「ウエットスーツをダメにするNG行動5選」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/