ウエットスーツを5年以上着続けられた5つの理由

ウエットスーツを5年以上着続けられた5つの理由

トライアスロンは、スポーツの中でもお金がかかる部類に入ります。

近年は物価も上昇傾向とあって、

自分が始めたときの初期費用では、賄えない感じになりつつあります。

その中のスイムパートでの高額出費は、ウエットスーツです。

私は、運よくというか5年以上着続けられています。

今回は、なぜ長く同じウエットスーツを着続けられているのかまとめてみます。

結論として、しっかりと管理すれば5年以上は余裕で使えます。

不要な出費は抑えて、トライアスロンを楽しみましょう。

ウエットスーツを5年以上着続けられた理由は5つ

理由①:体型が変わっていない

まず大前提として、体型がこの5年間でほとんど変わっていません。

体重で考えると、1~2kg痩せた程度です。

良いか悪いかは別として、

部分的にも大きくなった部分もなければ、細くなった部分もありません。

体型が変わらないので、必然的に買い替えるきっかけがありませんでした。

理由②:使用後すぐに洗う

ウエットスーツのお手入れでは、使用後はすぐに洗うようにしていました。

海練をするときは、水を入れたペットボトルを持参して、

使用後すぐに洗っていました。

(すすぐ程度ですが、潮抜きします。)

ウエットスーツは、海水に濡れたままで放置すると、

雑菌が繁殖しやすく、劣化の要因になります。

濡れたままで数日放置みたいなことは、一度もやったことがありません。

理由③:ハンガーで保管

ウエットスーツを乾かした後は、ハンガーにかけて保管していました。

ウエットスーツの保管では、素材の特性上、シワになりやすく、

たたんで保管するのはNGです。

仮にシワになった場合も、

もとにもどりにくく、そのシワや折り目から劣化していきやすいです。

場所の確保が難しいかと思いますが、

ハンガーにかけて保管しましょう。

理由④:暗所で保管

保管方法については、場所も重要です。

必ず暗所で保管しましょう。

屋内のクローゼットで問題ありません。

ウエットスーツは、紫外線に弱く、長時間あたると表面が劣化します。

保管方法は、「屋内クローゼットの中でハンガーに掛けて保管」でOKです。

理由⑤:損傷箇所を定期的に補修

ウエットスーツを着続けていると、

着脱の繰り返しなどで、表面に傷が入ることがあります。

ウェットスーツ破れ①

トライアスロンのシーズンイン前には、

ウエットスーツの表面に傷が入っていないか確認しておくことをおすすめします。

傷を見つけた場合は、損傷度合いにもよりますが、

自分で補修することができます。

Amazonなどで比較的安価に、ゴム用接着剤を入手できます。

自分で補修したときの様子は、以下にまとめています。

また、オーダーで作製したウエットスーツは、

販売店でも補修サービスを受け付けていることがあります。

問い合わせをするのも一手です。

私も最初は購入店で補修したもらいましたが、

自分でもできそうだなと思い、自分でYoutubeなどをみながら補修することにしました。

以上が、「ウエットスーツを5年以上着続けられた5つの理由」です。

これまでにまとめた内容で、ウエットスーツの買い替えを延命することができます。

しかし、劣化は遅かれ早かれ進行します。

トライアスロンを続ける中で、もっとタイムを狙いたいと思うこともあるでしょうし、

定期的な買い替えは必要です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

トライアスロンへの挑戦と思いを綴ったブログを作成しています。 挑戦にあたって参考になることなども紹介していきます。 競技歴:ソフトボール(2001年~) 自身の旅を基に、旅を効率的に最大化するレシピを紹介するサイト↓ http://howtojourney.com/